大麦若葉青汁の素材へのこだわり

同じ素材でも “つくり方”が変わると こんなに違う!

同一素材(大麦若葉)自社比較
弊社の青汁は、
独自製法による“エキス末”
一般的な青汁は、
加熱乾燥による“粉砕末”
  • 繊維を取り除いているので青汁成分を効率良く吸収できる。
  • 麦若葉を搾った青汁を、独自製法で熱を加えず乾燥するので栄養素が生きてる。
  • になじんで溶けて口当たりもなめらか。
  • 大麦若葉の硬い繊維が残っているため人体には吸収されにくい。
  • 大麦若葉を加熱乾燥しているので、熱に弱い栄養素が死んでしまっている。
  • 大麦若葉を細かく粉砕しているので、水にも溶けにくく、口に入 れた時にざらつき感がある。

こだわりの製法がパワーを引き出す!美容や健康づくりのために、素材はもちろん、製法にも 、注目して選びましょう。

自然の恵みをたっぷりと摂れる青汁。素材や味、飲み方が工夫される等、様々な製品が出回り手軽に飲めるようになりました。でも、本当に青汁本来の成分を摂れていますか?「素材が同じなら、どれも同じ」と思われる事も多いのですが、実は製法の違いによって大きな差が生まれます。
生の野菜を用いる青汁は、意外とデリケート。合わない製法でつくられると、味が落ちるだけでなく、栄養素が台無しになってしまいます。当社独自の製法は他の製品のように熱を加えないため、栄養素が豊富に含まれ、飲みやすく、溶けやすいのが特徴的です。毎日の美容や健康づくりのために、素材はもちろん、製法にも 、注目して選びましょう。

 

効率よく青汁成分を吸収できるエキス末!

では、2つの製法の違いを成分面から見てみましょう。 (グラフ参照。)素材はどちらも同じ品種の大麦若葉で すが、粉砕末はエキス末に比べて明らかに数値が低い事が分かります。加熱乾燥によって本来の青汁成分が損 なわれているのです。エキス末なら、豊富な栄養素をしっ かり摂る事ができます。